研究論文リスト和文

2020年

高い熱安定性を有するCr-Al、Cr-Al-B薄膜歪センサ
掲載日 2020年1月29日
雑誌名等 電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)Vol.139,No8,pp265-270,2019,https://doi.org/10.1541/ieejsmas.139.265
概要 薄膜ストレンゲージ材の熱安定性について検討を行った。その結果、Cr-Al、Cr-B二元薄膜合金が高温で高い熱安定性を示すことが明らかになった。更に、Cr-Alに3~5at.%Bを添加することにより、以下に述べる優れた特性を有する新しいストレンゲージ薄膜材料の実現にも成功した。この三元薄膜合金は、高い熱安定性を有すると同時にゲージ率の温度係数TCSと抵抗の温度係数TCRが同じ組成で零を示す。また、これらの特性は、起歪体(測定対象物)の材質によらない可能性がある。

発表者について

2011年以降の研究論文で、電磁材料研究所の研究者にはアンダーバーがあります。
研究者のプロフィールは当研究所で活躍する研究者の紹介のページをご参照ください。

お問い合わせ

研究論文の内容に関するご質問やお問い合わせは、FAQ(~について)またはお問い合わせのページをご覧ください。

発表年別