現在と次世代を担う研究テーマ

研究開発事業の内容

本法人は、研究開発事業として、電気、磁気および光機能材料の開発と、その高性能素子化およびデバイス化の研究を進めております。これらの事業は、現在はもとより、次世代社会においてもその重要性および必要性が一層増すものと予想されます。

機能材料の研究開発に関しては、ナノ構造、ナノ組織および相境界層に起因する新しい機能の出現が期待されるナノグラニュラー材料、人体有害元素などを除外し環境保全を図った材料、希少元素を代替した材料などを採り上げ、電気、磁気および光に関連する新機能性、高次機能性および複合機能性を発現する新たな機能材料の創生に関する研究開発を、実用性を念頭に置き、製造技術も含めて進めます。

高性能デバイスの研究開発に関しては、現在広く使用され、基本的なキーデバイスとして知られるセンサ、高周波デバイスおよびアクチュエータなどのデバイスを中心として、その小型・軽量・省電力を含めた高性能化の実現のために、それらデバイスを構成する電磁薄膜材料の高機能化および新規高機能薄膜材料の開発を実施します。

また、今後、電気・電子機器の高品位化を図る上でその重要性が高まると予想されるデバイス、例えば、情報の処理・制御デバイス、電磁変換デバイス並びに生体からの極微弱情報を検出し制御する生体情報デバイスなどにおいて、新たな原理および発想に基づく高次機能デバイスの創成・登場が熱望されていることから、これに応えるべく研究開発を進めます。

研究テーマ

  1. 新機能電磁材料の研究開発
  2. デバイス用高機能薄膜材料の研究開発
  3. 次世代デバイスの研究開発
  4. 次世代バルク機能材料の開発およびその試作研究
  5. 高機能電磁素子およびデバイスの試作研究

研究開発事業の実施体制

本法人の研究開発事業は、3研究開発部門および2開発施設並びに事業支援室で実施します。研究開発部門および開発施設の実施体制は、以下の通りです。

研究開発3部門

1.新機能材料創生部門

異種の機能材料をナノサイズで複合化し組織制御するなどにより、電磁に関係する新機能性、高次機能性および複合機能性を発現する新たな実用的機能材料の創生を図ることを目的としております。

  1. 電磁気材料分野
  2. 光機能材料分野
  3. 複合機能材料分野

2.デバイス用高機能材料開発部門

センサ、高周波デバイスおよびアクチュエータなどのデバイスの高性能化を図るため、それらを構成する電磁薄膜材料の高機能化と新規機能薄膜材料の開発を目的としております。

  1. センサ材料分野
  2. 高周波材料分野
  3. アクチュエータ材料分野

3.次世代デバイス開発部門

次世代社会の発展に必要不可欠な電気・電子機器の高品位化を図るため、それら機器を構成する情報処理・制御、電磁変換および生体情報などに関連する新たな高次機能デバイスの創成を目指した研究開発を目的としております。

  1. 情報処理・制御デバイス分野
  2. 電磁変換デバイス分野
  3. 生体情報デバイス分野

素形材開発施設およびデバイス開発施設

素形材開発施設及びデバイス開発施設は、3研究開発部門が実施する研究開発において、材料並びに素子およびデバイスの試作およびそれらの性能評価に関し全面的な支援を行うと共に、それらの製造技術および評価技術などに関する研究開発を行います。また、試作開発研究を実施して、外部機関の求めに応じて本法人の研究開発成果である素形材並びに電磁素子およびデバイスの試作品の提供を行います。

1.素形材開発施設

次世代バルク機能材料の開発および、その試作研究

2.デバイス開発施設

高性能電磁素子およびデバイスの試作研究