当研究所で活躍する研究者の紹介

研究者は部門ごとに紹介しています。

研究者または技術員へのコンタクトをご希望される方は、事務部までお問い合わせページから電話またはメールでご連絡をお願いします。

新機能材料創生部門

小林伸聖こばやし のぶきよ

  • 部門長 主席研究員
  • 博士(工学)東北大学
  • profile
専門分野 磁性および多機能性薄膜材料とその応用、磁気センサ用磁性材料
研究職歴 【1988年4月】財団法人電気磁気材料研究所入所、現在に至る
(1991年4月~1992年3月 東北大学金属材料研究所へ出向(研究生))
研究経歴
  • 軟磁性合金材料および半硬質磁性材料の研究開発(1988年~1990年)
  • 微結晶合金薄膜の軟磁気特性に関する研究(1991年~1994年)
現在の研究テーマ
  • 金属-絶縁体ナノグラニュラー磁性薄膜の軟磁気特性に関する研究
  • 金属-絶縁体ナノグラニュラー磁性薄膜のトンネル型巨大磁気抵抗効果およびそれを用いた磁気センサに関する研究
  • 磁気-誘電-光を含む複合能性材料に関する研究
所属学会 日本金属学会、日本磁気学会
主要業績
  1. N.Kobayashi, H.Masumoto, S.Takahashi, S.Maekawa, “Giant dielectric and magnetoelectric responses in in insulating nanogranular films at room temperature” nature communications, 5:4417, DOI:10.1038/ncomms5417 (2014)
  2. 小林伸聖、村上進、大沼繁弘、増本健:日本国特許庁、特許公報(B2)、特許第3640230号(2005年)
受賞等
  • 1999年日本応用磁気学会学術奨励賞(武井賞)
  • 2012年日本磁気学会 新技術・新製品賞
  • ICF11 New Product & Novel Technology Award
  • 公益財団法人日本板硝子材料工学助成
社会的活動
  • 電気学会磁気利用センシングシステム高機能化調査専門委員会委員(2007年~2009年)
  • 電気学会ナノスケール磁性体の構造・組織制御と機能・応用調査専門委員会委員(2007年~2010年)
  • 電気学会磁気利用スマートセンシングシステム調査専門委員会委員(2010年~2013年)
  • 電気学会ナノスケール磁性材料新機能性の評価と応用調査専門委員会委員(2010年~2013年)
  • 電気学会ナノスケール磁性体の新物性と新機能性の応用調査専門委員会(2013年~現在)
  • 独立行政法人日本学術振興会アモルファス・ナノ材料第147 委員会委員(2010年 ~現在)

阿部世嗣あべ せいし

  • 主席研究員
  • 博士(工学)東北大学
  • profile
専門分野 薄膜材料工学
研究職歴 【1988年4月】財団法人電気磁気材料研究所入所、現在に至る
(1992年4月~1994年3月および1997年4月~1998年3月、東北大学工学部材料物性学科へ出向(受託研究員))
研究経歴
  • 酸化物高温超伝導体材料の探索研究(1988年~1992年)
  • 多元固溶半導体材料の探索研究(1992年~2007年)
現在の研究テーマ
  • 光機能性半導体ナノ粒子-酸化物(または化合物半導体)複相薄膜の研究
  • 微量元素添加鉄酸化物薄膜の研究
所属学会 日本金属学会、応用物理学会
主要業績
  1. Seishi Abe and M. Watanabe, Materials Research Express 1 (2014)026108.
  2. Seishi Abe, Nanoscale Research Letters 8 (2013)2691 1-6.
主要業績
  • 日本金属学会・分科会委員会・委員(平成25年3月~平成27年3月、一期)
  • 日本金属学会・会報編集委員会・委員(平成25年3月~平成27年3月、一期)
  • 日本金属学会・東北支部・評議員(平成21年3月~平成27年2月、三期)
  • 日本金属学会・東北支部・理事(平成23年3月~平成25年2月、一期)
  • 日本金属学会・評議員(平成21年4月~平成23年3月、一期)

渡邉雅人わたなべ まさと

  • 主任研究員
  • 博士(工学)東北大学
  • profile
専門分野 機能性材料物性
研究職歴 【1992年4月】財団法人電気磁気材料研究所・研究員
【2001年1月】財団法人電気磁気材料研究所・主任研究員
【2005年1月~】MHW Informatics, Inc.、(株)スリー・アール、(同)イノバマテリア、東北大学・産学官連携研究員等
【2012年1月】公益財団法人電磁材料研究所・特任研究員
【2014年4月】公益財団法人電磁材料研究所・主任研究員
研究経歴
  • 磁性人工格子薄膜に関する研究(1987年~1992年)
  • FePt系硬磁性薄膜の機能性に関する研究(1989年~2003年)
  • 自己組織化無機ナノ粒子合成に関する研究(2000年~2004年)
  • 赤外および紫外レーザー照射による無機ナノ粒子合成に関する研究(2005年~2009年)
  • 磁性酸化物薄膜の磁性に関する研究(2012~)
現在の研究テーマ
  • 磁性酸化物薄膜の磁気物性
所属学会 American Chemical Society、日本金属学会
主要業績
  1. M. Watanabe, "Fe-Pt alloy thin films with various functionalities relating to their magnetism", Recent Res. Devel. Appl. Phys., vol. 6 (2003) 81-104.
  2. M. Watanabe, H. Takamura and H. Sugai, "Preparation of Ultrafine Fe-Pt Alloy and Au Nanoparticle Colloids by KrF Excimer Laser Solution Photolysis", Nanoscale Res. Lett., 4 (2009) 565-573.
  3. M. Watanabe, H. Takamura and H. Sugai, "Preparation of Ultrafine Fe-Pt Alloy and Au Nanoparticle Colloids by KrF Excimer Laser Solution Photolysis", Nanoscale Res. Lett., 4 (2009) 565-573.
受賞等
  • 平成12年度科学技術庁・注目発明 Marquis Who's Who in the World 2004-2016

池田賢司いけだ けんじ

  • 主任研究員
  • 博士(工学)信州大学
  • profile
専門分野 磁性薄膜材料、マイクロ磁気デバイス
研究職歴 【1999年4月】太陽誘電株式会社入社(2007年4月~2010年3月信州大学大学院 博士課程に在籍)
【2012年10月】NECトーキン株式会社入社
【2015年5月】公益財団法人電磁材料研究所入所、現在に至る
研究経歴
  • グラニュラー系高周波磁性薄膜材料の開発 (1999年~2012年)
  • 磁性薄膜インダクタの開発 (2005年~2010年)
  • 可変インダクタの開発 (2010年~2012年)
現在の研究テーマ
  • ナノグラニュラー材料の研究開発
所属学会 日本磁気学会
主要業績
  1. K. Ikeda, K. Kobayashi, K. Ohta, R. Kondo, T. Suzuki, and M. Fujimoto: “Thin-Film Inductor for Gigahertz Band With CoFeSiO-SiO2 Multilayer Granular Films and Its Application for Power Amplifier Module”, IEEE Trans. Magn., Vol. 39, No. 5, pp. 3057-3061 (2003)
  2. K. Ikeda, T. Suzuki, and T. Sato: “CoFeSiO/SiO2 multilayer granular film with very narrow ferromagnetic resonant linewidth”, IEEE Trans. Magn., vol. 45, No. 10, pp. 4290-4293 (2009)
受賞等
  • 日本セラミックス協会学術写真賞(2002年)
  • 日本電子材料協会第43回秋期講演大会優秀賞(2007年)
  • 電気学会優秀論文発表賞(2008年)
社会的活動
  • 超高周波マイクロ磁気デバイス調査専門委員会 委員(2004年1月~2005年3月)
  • マイクロ磁気デバイスの情報通信機器への応用技術調査専門委員会 委員(2005年4月~2008年3月)
  • 高周波マイクロ磁気応用技術調査専門委員会 委員(2008年4月~2011年3月)

他、4名

デバイス用高機能材料開発部門

丹羽英二にわ えいじ

  • 部門長 主席研究員
  • 博士(工学)東北大学
  • profile
専門分野 結晶工学、電気抵抗材料、薄膜センサ材料
研究職歴 【1987年4月】財団法人電気磁気材料研究所入所、現在に至る
(1987年7月~1989年3月 東北大学工学部へ出向(受託研究員))
(2000年4月~2003年9月 (財)みやぎ産業振興機構の派遣研究員を併任)
研究経歴
  • 非線形光学用化合物半導体AgGaS2単結晶の作製と評価ならびに光波長変換素子への応用(1987年~2001年)
現在の研究テーマ
  • Cr-Nひずみセンサ薄膜の開発と各種センサデバイスへの応用(1995年~)
  • 温度センサ薄膜の開発と各種センサデバイスへの応用(1995年~)
  • 荷重ベクトルセンサの開発と靴底センサへの応用(1998年~)
  • 2次元分布圧力温度センサの開発と触覚センサへの応用(1998年~)
所属学会 日本金属学会、応用物理学会、電気学会
主要業績
  1. E. Niwa and K. Masumoto, “Growth and Characterization of AgGaS2 Single crystals for Nonlinear Optics”, Japanese Research Revew for Pioneering Ternary and Multinary Compounds in the 21st Century, Edited by Takeshi Matsumoto, Takeo Takizawa, Sho Shirakata, Takahiro Wada, Nobuyuki Yamamoto, IPAP BOOKs 1 (2001), The Institute of Pure and Applied Physics, pp. 39-44.
  2. 丹羽英二、佐々木祥弘、“Cr-N感歪薄膜とその圧力センサ応用”、電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)、Vol. 134、No. 12、pp. 385-391 (2014).
受賞等
  • 公益社団法人発明協会・平成19年度東北地方発明表彰・発明奨励賞(2007年)(Cr-N合金薄膜からなる次世代ひずみセンサ)
  • 電気学会センサ・マイクロマシン部門・部門大会:第30回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム・優秀技術論文賞(2013年) (Cr-Nひずみゲージ薄膜を用いた荷重ベクトルセンサとその応用)
社会的活動
  • 宮城県等主催の展示会「産学官連携フェアー研究成果発表交流会―」に毎年出展

直江正幸なおえ まさゆき

  • 主任研究員
  • 博士(工学)信州大学
  • profile
専門分野 磁性薄膜材料、フェライト材料、マイクロ磁気デバイス
研究職歴 【1998年4月】KOA株式会社入社
【2008年2月】信州大学工学部電気電子工学科(先端研究施設共用促進事業研究員)
【2009年4月】財団法人電気磁気材料研究所入所、現在に至る
研究経歴
  • フェライト材料の開発と応用 (1999年~)
  • ナノグラニュラーTMR薄膜材料の開発と応用 (2009年~)
  • ナノグラニュラー軟磁性薄膜材料の開発と応用 (2012年~)
現在の研究テーマ
  • ナノグラニュラー軟磁性薄膜の開発
  • ナノグラニュラーTMR薄膜の開発
  • フェライト複合材料の開発
所属学会 日本磁気学会、電気学会、粉体粉末冶金協会
主要業績
  1. M. Naoe, N. Kobayashi, S. Ohnuma, M. Watanabe, T. Iwasa, and H. Masumoto: “Investigation of Controlling In-Plane Uniaxial Anisotropy of CoPd-CaF2 Nanogranular Films by Tandem-Sputtering Deposition”, IEEE Magnetics Letters, vol. 5, Issue 1, pp. 1-4 (2014). DOI: 10.1109/LMAG.2014.2372691
  2. 直江正幸、小山恵史、長田誠一、金田安司、白川究、増本健: “(Co-Fe)-(Mg-F)系ナノグラニュラTMR薄膜を用いた次世代磁気センサのMg-Fバリア層導入による耐熱性向上”、日本磁気学会誌、vol. 35、no. 1、pp. 11-16 (2011). DOI: 10.3379/msjmag.1011R001
社会的活動
  • 粉体粉末冶金協会磁性材料分科会-フェライト委員会、メンバー(2006年10月~)
  • 信州大学スピンデバイステクノロジーセンター、オブザーバー(2009年4月~)
  • 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト、メンバー(2011年4月~)
  • 電気学会マグネティックス研究会-次世代スマートデバイス構築のための高周波磁気調査専門委員会、委員(2014年4月~)

川上祥広かわかみ よしひろ

  • 主任研究員
  • 博士(工学)東北大学
  • profile
専門分野 エアロゾルデポジション(AD)法による圧電厚膜の形成とその応用
圧電セラミック材料・プロセスの開発
研究職歴 【1993年】株式会社トーキンへ入社
【2003~2006年】NEDOナノ電子セラミックス低温形成・集積化プロジェクトへ参加のため(独)産業技術総合研究所へ派遣
【2014年】公益財団法人電磁材料研究所へ出向
【2019年】公益財団法人電磁材料研究所入所
研究経歴
  • ハイパワー圧電材料の圧電トランスへの応用(1996年~1999年)
  • 高温駆動用圧電アクチュエータ材料の開発(1999年~2002年)
  • AD法により形成した圧電厚膜の特性向上(2003年~2006年)
  • 圧電AD膜のデバイス応用(超音波モータ、マイクロアクチュエータ、アレイ型赤外線センサ)(2005年~2014年)
現在の研究テーマ
  • AD法によりステンレス基板上に形成した非鉛圧電膜の特性向上とデバイス応用
主要業績
  1. Y.Kawakami, S.Aisawa and J.Akedo:” Annealing effect on 0.5Pb (Ni1/3Nb2/3)O3-0.5Pb (Zr0.3Ti0.7)O3 thick film deposited by aerosol deposition method” Jpn. J. Appl. Phys., 44, 6934-6937 (2005)
  2. 特許 第4999040 圧電膜積層構造体およびその製造方法
社会的活動
  • CEATEC 2012、2013にNECトーキン株式会社よりアレイ型赤外線センサの開発品を参考出展

他、2名

次世代デバイス開発部門

早坂淳一はやさか じゅんいち

  • 部門長 主席研究員
  • 博士(工学)東北学院大学
  • profile
専門分野 電子工学、薄膜機能デバイス、微細加工プロセス
研究職歴 【1999年4月】ハワイ大学マノア校(米国ハワイ州)博士研究員
【2000年11月】株式会社トーキン入社
(2004年4月~2006年3月 東北大学へ派遣)
【2012年5月】公益財団法人電磁材料研究所入所、現在に至る
研究経歴
  • 超小型熱分析装置に関する研究開発 (1996年~1999年)
  • マイクロ波帯超小型受動部品に関する研究 (1999年~2000年)
  • 薄膜磁気センサに関する研究開発(2000年~2005年)
  • 表面弾性波型電子デバイスに関する研究開発(2006年~2012年)
現在の研究テーマ
  • 薄膜機能デバイスの研究開発
所属学会 電気学会、IEEE
主要業績
  1. J. Hayasaka, M. Kimura: “Proposal of Ultra-miniaturized Thermal Analyzer”, Proc. International Workshop on Thermal Investigations of ICs and Microstructures, pp. 223-228, Cannes, France (1997).
  2. J. Hayasaka, K. Tanaka, T. Miura, Y. Ikeda, H. Kuwano: “Wireless Vibration Sensor with a Single-Port Surface Acoustic Wave resonator”, Proc. The 23rd Sensor Symposium, pp. 455-458, Takamatsu, Japan (2006)
受賞等
社会的活動
  • 電気学会 磁気センサの高機能化と応用調査専門委員会 (2014年1月~2016年12月)
  • 電気学会 磁気センサの高機能とシステム化調査専門委員会委員(2017年4月~)
  • 電気学会 バイオ・医療における磁界・磁性材料の応用研究と産学官連携調査専門委員会(2019年7月~)

大場裕行おおば ひろゆき

  • 特任研究員
  • 理学士 東北大学
  • profile
専門分野 磁気光学応用デバイスの開発
研究職歴 【1982年】東北金属工業株式会社(現株式会社トーキン)入社
【2014年】公益財団法人電磁材料研究所入所、現在に至る
研究経歴
現在の研究テーマ
  • 磁気光学応用デバイスの開発
所属学会 日本磁気学会、応用物理学会、結晶工学分科会
主要業績
社会的活動

若生直樹わこう なおき

  • 特任研究員
  • 工学士 山形大学
  • profile
専門分野 磁気デバイスとその応用、微細加工プロセス、磁気応用工学、環境電磁工学
研究職歴 【1983年4月】東北金属工業株式会社(現株式会社トーキン)入社
(1998年11月~2001年3月宮城県地域結集型共同研究事業へ参加)
【2014年4月】公益財団法人電磁材料研究所出向、現在に至る
研究経歴
  • 電流センサデバイスの開発 (1985年~1993年)
  • 薄膜磁気センサデバイス及び応用システムの研究・開発 (1994年~2001年)
  • 小型DC/DCコンバータの研究・開発(2001年~2003年)
  • 2次電池LIB充放電システムの研究・開発(2003年~2005年)
  • 液晶バックライト用圧電インバータの開発(2005年~2007年)
  • 高周波非接触給電に関する研究・開発 (2008年~2013年)
現在の研究テーマ
  • GIGS磁気センサの応用研究・開発
  • 磁気センサによる位置計測システムの研究・開発
所属学会 電気学会、エレクトロニクス実装学会、日本磁気学会
主要業績
  1. N. Wako, K. Makita, Y. Takase, T. Oka, K. Sato, H. Ono, H. Abe, :”Development of a Contactless Charging System Using an NFC(Near Field Communication)Antenna”, NEC Tokin Technical Review Vol. 37, 7-13, (2010)
  2. 若生直樹 :”高周波キャリア型薄膜磁界センサの最近の動向” 日本応用磁気学会誌 24 (2), 61-66, (2000)
  3. 小野敏明、菅原英州、若生直樹、西村貴志、大場義明、佐藤文博、松木英敏、:” ワンパッケージマイクロ電源” 日本応用磁気学会誌 28 (4), 597-601, (2004)
社会的活動
  • エレクトロニクス実装学会-電磁特性技術委員会・委員(2007年4月~現在)
  • エレクトロニクス実装学会-低ノイズ実装研究会・幹事・委員(2006年4月~現在)
  • 「産学官連携フェア2014Dec.みやぎ」、宮城県主催の産学官連携研究成果発表交流会に出展

佐々木祥弘ささき よしひろ

  • 研究員
  • 工学士 岩手大学
  • profile
専門分野 電気抵抗材料、薄膜センサ材料
研究職歴 【1992年4月】財団法人電気磁気材料研究所入所、現在に至る
(1992年4月~1994年3月 東北大学金属材料研究所へ出向(研究生))
(1998年9月~2003年8月 宮城県地域結集型共同研究事業へ参加)
研究経歴
  • 熱膨張係数の小さなアモルファス金属材料の研究(1992年~1994年)
現在の研究テーマ
  • Cr-Nひずみセンサ薄膜の開発と各種センサデバイスへの応用
  • Fe-Pd温度センサ薄膜の開発と各種センサデバイスへの応用
  • 2次元分布圧力温度センサの開発と触覚センサへの応用
所属学会 日本金属学会
主要業績
  1. 丹羽英二、佐々木祥弘、増本剛、"Cr-N基歪抵抗膜およびその製造法ならびに歪センサ"、特許第3642449号
  2. 丹羽英二、佐々木祥弘、金子秀夫、"薄膜触覚センサ"、特許第3756737号
  3. 矢野健、佐々木祥弘、丹羽英二、三寺正雄、"3次元接地圧力値計測機能を有する靴"、特許第42790000号
受賞等
  • 平成19年度東北地方発明表彰発明奨励賞、"Cr-N合金薄膜からなる次世代ひずみセンサ"、社団法人発明協会
社会的活動
  • 「企業と学術研究機関との出会い-MEET2006秋-」および「産学官連携フェア2007みやぎ-研究成果発表・交流の集い-」等、宮城県等主催の産学官連携研究成果発表交流会に毎年出展

他、3名

以上、2018年4月1日現在

研究開発事業部門

  • 新機能材料創生部門(8人)
  • デバイス用高機能材料開発部門(5人)
  • 次世代デバイス開発部門(7人)

構成員

  • 博士学位取得者(8人)
  • 主席研究員(4人)
  • 主任研究員(3人)
  • 特任研究員(4人)
  • 研究員(2人)
  • 技術研究員(1人)
  • 技術専門員(4人)
  • 技術員(1人)
  • 技術補佐員(1人)