研究論文リスト和文

2022年

特集/電磁特性技術の最新動向(電磁特性技術委員会)”特集によせて”
掲載日 2022年7月8日
雑誌名等 エレクトロニクス実装学会誌, 第25巻, 第4号, p289, 2022年
DOI https://doi.org/10.5104/jiep.25.289
概要 2022年7月発刊のエレクトロニクス実装学会誌に、電磁特性技術委員会が企画した解説論文特集”電磁特性技術の最新動向”が掲載された。最新のEMCに関連する電磁特性技術を、専門家以外の方々にも理解できるように内容を選定し、企業・大学の研究者や設計開発者の方々に、計6件執筆いただいた。
特集巻頭”特集によせて”では、今回執筆いただいた解説論文の内容を紹介している(筆者は、「電磁特性技術委員会技術副委員長」を努めている)
これからのEMC
掲載日 2022年2月7日
雑誌名等 「電磁環境工学情報EMC1月号」, 第34巻, 第9号, No.405, p58, 2022年
概要 掲載誌(月間EMC)は、国内唯一のEMC専門技術情報を取り扱う月刊誌で、EMC設計技術・対策技術や部品情報、最新動向・最新規格等の紹介・解説記事を掲載している。毎年新年号は、総務省・経済産業省・国土交通省を始め、協議会・委員会・研究機関・規格関連団体から、新年の抱負や動向、今後の方向性や展望等の所感を述べる記事を掲載する。
「エレクトロニクス実装学会電磁特性技術委員会」から、昨年に引続き前記委員会の委員長を務める著者が、委員会および傘下の研究会活動状況や今後の取り組み・展望について述べる。
ナノグラニュラー膜の巨大ファラデー効果
  • 小林伸聖(こばやしのぶきよ)
  • read more
掲載日 2022年2月7日
雑誌名等 物理科学, この1年 2022・p52~57・2022年1月25日発行
概要 ナノグラニュラー膜の巨大ファラデー効果について解説し、新しい磁気光学材料としての可能性、特に光集積デバイスの実現を見据えた材料開発について述べた。
最近の電磁特性技術におけるトピックス
掲載日 2022年1月17日
雑誌名等 エレクトロニクス実装学会誌,第25巻, 第1号, p12-p16, 2022年
https://doi.org/10.5104/jiep.25.12
概要 著者が技術委員長を務める「エレクトロニクス実装学会電磁特性技術委員会」および傘下の研究会は、主としてEMC問題に関連する技術課題や動向調査を行い、電磁特性と関連する実装領域での研究推進と技術創出を目的に活動している。得られた研究結果は、講演大会、実装学会誌、公開研究会、外部セミナー、技術情報webサイト等で公開している。
今回、これまでの活動歴史と現在の活動状況について紹介する。

発表者について

2011年以降の研究論文で、電磁材料研究所の研究者にはアンダーバーがあります。
研究者のプロフィールは当研究所で活躍する研究者の紹介のページをご参照ください。

お問い合わせ

研究論文の内容に関するご質問やお問い合わせは、FAQ(~について)またはお問い合わせのページをご覧ください。

発表年別