研究論文リスト和文

2021年

FeCoV磁性線を用いた磁気式トルクセンサの検討
    内山 純一郎(信州大)、後藤 拓哉(信州大)、田代 晋久(信州大)、脇若 弘之(信州大)、直江 正幸(電磁研)
  • read more
掲載日 2021年11月1日
雑誌名等 日本AEM学会誌(Journal of the Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics), Vol.29, No.2, pp. 495-500(2021).
https://doi.org/10.14243/jsaem.29.495
概要 バルクハウゼンジャンプを呈する磁性体を用いた磁気双安定素子に、適当な大きさの交流磁界を印加すると、素子内の磁区反転に伴い素子周囲に巻回した検出コイルに急峻なパルス状の誘起電圧が発生する。その誘起電圧は、磁界の周波数に依らずほぼ一定値を有する電圧となる。これはウィーガンド効果として知られ、その応用先の一つとして、力学トルクセンサが検討されている。磁気双安定素子はワイヤ形状であるため、これを用いたセンサは形状を比較的小さく設計できると考えられる。磁気双安定素子用材料として有望なFeCoV磁性線において、検討を行っている線径が数mmのオーダーと太いため高感度化が期待でき、微小経に掛かるトルクを検出できる可能性がある。本稿では、大径FeCoV線の印加トルクに対する誘起電圧特性を調査した結果を報告している。
高周波POL電源の研究動向と磁性体装荷の展望
    菅原 聡(福山大学)、直江 正幸(電磁研)、曽根原 誠(信州大学)
  • read more
掲載日 2021年5月31日
雑誌名等 電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)、IEEJ Transactions on Fundamentals and Materials Vol. 141, No.5 pp.279-288 (2021), https://doi.org/10.1541/ieejfms.141.279
概要 携帯機器用途として研究開発が始まった高周波小型スイッチング電源、およびその分散配置(POL)の研究の歴史と現在の研究動向を紹介し、さらにはそれに適した電力用高周波磁性体とそれを用いた磁気素子の研究動向と実用化への展望について解説している。
FeCo-BaFおよびFeCo-SiN系ナノグラニュラー膜の巨大ファラデー効果
    小林伸聖池田賢司荒井賢一
  • read more
掲載日 2021年2月5日
雑誌名等 電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌)、Vol.141 No.2pp.123-127、2021、https://doi.org/10.1541/ieejfms.141.123
概要 巨大ファラデー効果を示すFeCo-BaFおよびFeCo-SiNナノグラニュラー膜について紹介です。
これらの膜は、ナノメートルサイズのFeCo強磁性顆粒がBaF2またはSi3N4マトリックスに分散しているナノコンポジット構造を持っています。FeCo-BaF膜は、結晶化したBaF2マトリックスに起因する優れた光透過性を有し、また、FeCoSiN膜はSi3N4マトリックスに値する大きな屈折率を有する。これらの特性は、ナノグラニュラー膜の光学デバイスへの実用化に貢献します。

発表者について

2011年以降の研究論文で、電磁材料研究所の研究者にはアンダーバーがあります。
研究者のプロフィールは当研究所で活躍する研究者の紹介のページをご参照ください。

お問い合わせ

研究論文の内容に関するご質問やお問い合わせは、FAQ(~について)またはお問い合わせのページをご覧ください。

発表年別