qrcode.png
http://www.denjiken.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
公益財団法人電磁材料研究所
〒981-3341
宮城県富谷市成田9丁目5-1
TEL.022-347-3788
FAX.022-347-3789
027687
Google

WWW を検索
www.denjiken.or.jp を検索

 

学会・研究会・イベント

  • ホーム  > 
  • 学会・研究会・イベント
 
 

学会(平成30年6月)

学会(平成30年6月)
 
日本人間工学会
タイトル 靴底センサからみた骨下の荷重ベクトル
日時 2018年6月2日(土)、3日(日)
場所 宮城学院女子大学
発表者 佐々木祥弘(次世代デバイス開発部門)
発表概要歩行において、初期接地と呼ばれる瞬間は、踵の狭い一点に体重の6割が集中するといわれている。その瞬間の床反力を床側ではなく、足(靴)側からみるためには、大きな荷重に耐える小さなセンサが必要とされる。本講演は、そのようなセンサを搭載した靴を開発し、床反力の計測を行った結果について報告する。
 

【講演】(平成30年4月)

【講演】(平成30年4月)
 
講演
タイトル エアロゾルデポジション法による圧電セラミック厚膜の形成とその圧電特性
日時
2018年4月13日(金)
場所 産業技術総合研究所
発表者 川上祥広特任研究員(デバイス用高機能材料開発部門)
発表概要圧電セラミックスは電気的・機械的エネルギーを変換する機能性材料として今後の社会インフラであるIoTや、センサネットワークなどで使用されるデバイスなどへの応用が期待されている。エアロゾルデポジション(AD)法は、常温で緻密なセラミック厚膜を形成できるユニークなコーティング技術であり、このAD法により鉛系、非鉛系圧電セラミックス厚膜をステンレス基板上に形成する技術と、その組成・微細組成と圧電特性の関係について、また圧電厚膜を振動発電デバイスに適用した事例について産業技術総合研究所先進コーティング技術センター職員を対象に講演した。
 

展示会(平成29年9月)

展示会(平成29年9月)
 
センサエキスポジャパン2017
タイトル 高感度Cr-N薄膜歪ゲージ

日時 2017年 9月13日(水)~ 9月15日(金)
場所 東京ビッグサイト 東4・5・6ホール

出展者名 (株)MKTタイセー
共同研究者 電磁材料研究所・丹羽英二
展示概要 ステンレス板上に㈱イチネンケミカルズ製の塗布絶縁膜「クレコート」を介して両面にCr-N薄膜ひずみセンサ素子を形成した手持ちカンチレバー型の歪ゲージ・デモンストレーション機を出展します。出力信号に対してノイズはほとんど無く、自重による目に見えない反りまで明確に検知でき、手で揺らすだけで信号変化が得られるなど、歪ゲージだけでなく、傾斜センサ、振動センサ、加速度センサ、変位センサ、力覚センサ等としても高感度であることがわかります。その絶縁膜もディッピングで簡単に両面絶縁できてしまう優れ物です。ぜひブースにお越し頂き、手に取って確かめてみてください。
 

展示会(平成29年8月)

展示会(平成29年8月)
 
JSTフェア2017 – 科学技術による未来の産業創造展 –
タイトル 磁気センサによるリチウムイオン二次電池の非破壊検査
日時 2017年 8月31日(木)~ 9月1日(金)
場所 東京国際展示場 東4ホール ブース J21-1
出展者名 早坂 淳一 (研究開発事業部 次世代デバイス開発部門)
共同研究者 セイコーNPC株式会社
展示概要 リチウムイオン電池内部の微小金属異物に起因する短絡電流の発生位置を短時間で検査できる磁気センサモジュールを開発しました。当日は、300chの超小型・高感度磁気センサGIGS®素子を二次元アレイ状に配した磁気センサモジュール(最小検出電流 約3mA)を展示します。また、リチウムイオン電池表面の磁界分布を可視化するデモンストレーションを行う予定です。尚、本プロジェクトは、科学技術支援機構研究成果最適展開支援 A-STEP(仮題番号AS2711907T)より一部支援を受けて行われました。
 

展示会(平成29年7月)

展示会(平成29年7月)
 
第8回 非破壊評価総合展 2017
タイトル 多チャンネル2次元アレイ型センサモジュールによるリチウムイオン2次電池の欠陥検査
日時 2017年 7月19日(水)~ 7月21日(金)
場所 東京国際展示場 東2ホール 「検査とメンテナンスの情報プラザ」
出展者名 早坂 淳一 (次世代デバイス開発部門)
共同研究者 セイコーNPC株式会社
展示概要 リチウムイオン電池の微小金属異物の混入やデンドライト成長に起因する短絡電流の発生とその位置を短時間で検査できる磁気センサモジュールを開発しました。当日は、300chの超小型・高感度磁気センサGIGS®素子を二次元アレイ状に配した磁気センサモジュールを展示するとともに、リチウムイオン電池表面の磁界分布を可視化するデモンストレーションを行う予定です。
 なお、本研究は、科学技術支援機構研究成果最適展開支援 A-STEP(仮題番号AS2711907T)を受けて行われたものです。
 

研究会(平成28年10月)

研究会(平成28年10月)
 
アレイ型磁気センサモジュールによるリチウムイオン電池の微小欠陥電流検知
発表先機関 第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム
発表者 早坂淳一・白川究・小林伸聖・荒井賢一・大竹伸明・森平浩史・坂本修司
発表機関 (公財)電磁材料研究所・セイコーNPC(株)
発表日 平成28年10月24日(月)-26日(水)
発表場所 平戸文化センター(長崎県平戸市)
 

研究会(平成28年8月-9月)

研究会(平成28年8月-9月)
 
多チャンネル2次元アレイ型センサモジュールによるリチウムイオン電池の欠陥検査システム、および超小型・高耐荷重3軸力覚センサを用いた靴底センサシステム
発表先機関 第8回総合検査機器展(JIMA2016)
発表者 早坂淳一・佐々木祥弘
発表日 平成28年9月28日(水)-30日(金)
発表場所 東京ビックサイト(東京都)
 
多チャンネル同期検波ICを搭載した2次元アレイ型磁気センサモジュール
発表先機関 電気学会 マグネティックス研究会
発表者 早坂淳一・白川究・小林伸聖・荒井賢一・大竹伸明・森平浩史・坂本修司
発表日 平成28年9月21日(火)-22日(水)
発表場所 横浜国立大学(神奈川県)
 
金属元素を添加したマグネタイト薄膜の耐酸化性
発表先機関 日本金属学会秋期大会
発表者 阿部世嗣
発表日 平成28年9月23日(金)
発表場所 大阪大学(大阪府)
 
高温領域におけるCr-N薄膜ひずみセンサのゲージ率
発表先機関 応用物理学会:第77回秋季学術講演会
発表者 丹羽英二
発表日 平成28年9月13日(火)-16日(金)
発表場所 朱鷺メッセ(新潟)
 
30 GHz帯を目指した磁性薄膜の高周波透磁率の測定
発表先機関 第40回日本磁気学会学術講演会
発表者 武田茂(Magnontech) (共同研究:直江正幸)
発表日 平成28年9月6日(火)
発表場所 金沢大学
 
10 GHz帯以上で磁性薄膜の高周波透磁率を測定する際の問題点
発表先機関 電気学会マグネティックス研究会
発表者 武田茂(Magnontech) (共同研究:直江正幸)
発表日 平成28年8月18日(木)-19日(金)
発表場所 山口大学工学部
 
One-step synthesis of nanocomposite thin film with Pb and Zn chalcogenide
発表先機関 The 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing
(第9回環太平洋先端材料とプロセシング国際会議)
発表者 阿部世嗣
発表日 平成28年8月3日(水)-5日(金)
発表場所 京都国際会議場(京都府)
 
Out of plane magnetic moment and lattice distortion of element-added Fe3O4 thin films
発表先機関 The 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing
(第9回環太平洋先端材料とプロセシング国際会議)
発表者 渡邉雅人
発表日 平成28年8月1日(月)-5日(金)
発表場所 国立京都国際会館
 
TMD effect of insulating nanogranular films
発表先機関 The 9th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing
(第9回環太平洋先端材料とプロセシング国際会議)
発表者 小林伸聖
発表日 平成28年8月1日(月)-5日(金)
発表場所 京都国際会議場
 

研究会(平成28年3月)

研究会(平成28年3月)
 
PbSおよびZnSeを蒸発源とする複相薄膜のワンステップ製膜と粒径サイズ
発表先機関 2016年(158回)日本金属学会春季大会
発表者 阿部世嗣・星信夫・佐藤詩織
発表機関 (公財)電磁材料研究所
発表日 平成28年3月23日(水)-25日(金)
発表場所 東京理科大葛飾キャンパス
 
1 kN定格荷重ベクトルセンサを用いた靴底センサシステム
発表先機関 安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測シンポジウム
発表者 丹羽英二・佐々木祥弘・新行内成晃・熊四輩・
中原賢司・伊藤孝道・白川究・荒井賢一
発表機関 (公財)電磁材料研究所・日本電産コパル電子㈱・タカノ㈱
発表日 平成28年3月17日(木)-18日(金)
発表場所 鹿児島県種子島(会場 会誌2月号に掲載予定)
 
FeCo-CaF系ナノグラニュラー薄膜の磁気異方性
発表先機関 平成28年電気学会全国大会
発表者 池田賢司・岩佐忠義・直江正幸・小林伸聖・荒井賢一
発表機関 (公財)電磁材料研究所
発表日 平成28年3月16日(水)-18日(金)
発表場所 東北大学川内北キャンパス
<<公益財団法人電磁材料研究所>> 〒981-3341 宮城県富谷市成田9丁目5-1 TEL:022-347-3788 FAX:022-347-3789