qrcode.png
http://www.denjiken.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
公益財団法人電磁材料研究所
〒982-0807
宮城県仙台市太白区八木山南2丁目1-1
TEL.022-245-8027
FAX.022-245-8031
016522
Google

WWW を検索
www.denjiken.or.jp を検索

 

沿革

   
本多光太郎博士

 
昭和19年10月    文部省所管(財)航空計器材料試作研究所として
                       東北帝国大学附属金属材料研究所内に設立
                         初代理事長:本多光太郎 博士
                                               (金属材料研究所 所長)
                             専務理事: 増本 量 博士
                                               (金属材料研究所 教授) 
 

 
昭和20年 2月     国および企業からの寄付により東三番丁に土地を購入し移転
 

 
昭和20年12月    財団法人電気磁気材料研究所に改名
   

 
昭和30年 3月     恒弾性合金「エルコロイ®」、高弾性合金「ダイヤフレックス」を発明
 

 
昭和33年 7月     時計用ヒゲゼンマイ材料として恒弾性合金「コエリンバー」を開発
 

 
昭和33年12月    区画整理のため、東三番丁より東八番丁に移転
 

 
昭和45年 6月     磁気記録再生ヘッド用高透磁率合金「ハ-ドパ-ム®」を発明(全国発明賞)
 

 
昭和50年 4月     吸振合金「ジェンタロイ®」を発明
 

 
昭和51年 2月     区画整理のため、東八番丁より八木山南に移転
 

 
昭和51年 9月     アモルファス軟磁性合金「アモメット」を発明
 

 
昭和53年 1月     液体急冷法として「単ロール法」を開発
 

 
昭和54年 3月     恒電気抵抗合金「パラシル®」を発明
 

 
昭和56年 4月     永久磁石合金「プラチロン®」を発明
 

 
平成 4年10月     超微粒子膜を用いた高感度ガスセンサを開発(全国発明賞)
 

 
平成 6年 4月      クリーンルームを設置、薄膜デバイスの研究を開始
 

 
平成 7年 3月      ナノグラニュラー構造を持つ軟磁性薄膜およびTMR薄膜を発明
 

 
平成 7年 4月      付置研究所・法人本部・事務部の3部体制に改組
 

 
平成 7年10月     Cr-N薄膜ひずみセンサ素子を発明
 

 
平成 9年 9月      TMR薄膜を用いた磁気センサ「GIGS®」を発明
 

 
平成12年 8月     薄膜触覚センサ(ロボット用など)を発明
 

 
平成16年 7月     試作試験用クリーンルームを設置(移設)
 

 
平成22年 4月     法人本部の下に研究開発事業部・事業支援部・事務部の3部を置く体制に改組
 

 
平成22年 4月     研究開発事業部内に素形材開発グループ(素形材開発施設を含む)を新設、
                       5研究グループ体制に改組
 

 
平成23年 7月     公益財団法人として発足、名称を「公益財団法人電磁材料研究所」とする
 

 
平成24年 4月     デバイス開発グループおよび素形材開発グループの組織を強化
 

 
平成26年 3月     ウエット用クリーンルームを設置
 

 
平成26年 7月     ナノグラニュラー薄膜のトンネル磁気-誘電(TMD)効果を発見
                       (Nature Comm.に発表)
 

 
平成26年 9月     不感磁性エリンバー・インバー鉄合金(Fe-Mn系)の発明
 

 
平成29年 4月     法人本部の下に研究開発事業部、事務部の2部を置く体制に改組
 

 
平成29年 4月     研究開発事業部内に3部門(新機能材料創生部門、デバイス用高機能材料開発部門、
                       次世代デバイス開発部門)、2施設(素形材開発施設、デバイス開発施設)
                       及び事業支援室を設置
 

 
 

歴代理事長

歴代理事長
 
初代 本多光太郎 昭和19年2月 昭和22年10月
2代 石原寅次郎 昭和22年10月 昭和25年4月
3代 増本 量 昭和25年4月 昭和62年8月
4代 広根徳太郎 昭和62年8月 平成3年9月
5代 神田 英蔵 平成3年9月 平成5年2月
6代 増本 剛 平成5年6月 平成21年6月
7代 増本 健 平成21年7月 平成27年6月
8代 荒井 賢一 平成27年6月
   
<設立時の研究所全景図>
 戦時中の昭和19年10月、国および企業からの支援を受けて文部省所管「財団法人航空計器材料試作研究所」として東北帝国大学附置金属材料研究所内に設置され、その後昭和20年2月には東三番丁に移転した。下図は当時の研究所の全景を示すスケッチ図である。この研究所は、同年7月の仙台大空襲により建物と全設備を焼失したが、終戦年の昭和20年12月、文部省所管財団法人として名称を「財団法人電気磁気材料研究所」と改めて再建を開始、翌年12月に完了、新たに精密機器用材料の研究事業を再開した。
   
<東八番丁研究所の全景写真>
 昭和33年12月、仙台駅前の区画整理事業(現青葉通り)のため、仙台駅東口近くの東八番丁の土地を購入、東三番丁から全面移転した。この場所は、昭和51年2月に現在の研究所(八木山南)へ移転するまでの17年有余の研究拠点となった。
<<公益財団法人電磁材料研究所>> 〒982-0807 宮城県仙台市太白区八木山南2丁目1-1 TEL:022-245-8027 FAX:022-245-8031